保険マーケティング大学校

動画コンテンツ

社長の可処分所得をトコトン増やすアメリカ不動産の活用方法

大田勉様プロフィール

1963年大阪府生まれ 関西学院大学法学部卒業。
近畿日本ツーリストで10年、海外旅行営業を経験。

大手生命保険,総合保険代理店として、保険営業界の最高峰MDRTのTOT資格1回(日本の保険営業マン30万人のトップ0.01%に相当)、次のランクのCOT資格4回を獲得、MDRT終身会員。

その後、上場コンサルティング会社と提携し、財務・事業承継・相続対策のファイナンシャルプランナーとして活動。
現在は会社オーナー・土地オーナーに向けて「円満相続」・「社長の可処分所得をトコトン増やす具体策」「負けにくい投資7つの原則」セミナー3部作講演講師、FP・税理士・士業の方向け研修講師として全国で活動。
国内外の金融商品活用を通じてトコトンお金・資産を「守る」具体策のアドバイスが真骨頂。

講義のポイント

保険営業の社長アプローチコンテンツ<アメリカ不動産投資>
  • 富裕層の可処分所得を効果的に増やすには
  • なぜ今、アメリカ不動産なのか
  • 海外不動産選びの4つのポイント
写真

「富裕層の社長と会った時、何を話せば興味を持ってもらえるか分からない。」
「社長やドクターに喜んでもらえる話のネタが欲しい。」

そんな保険営業パーソンのための社長アプローチコンテンツ第1弾<アメリカ不動産投資>です。この投資方法は、年収1,800万円以上の高額所得者向けの節税ができてなおかつ資産構築ができる手法です。

アメリカに会社を持ち、アメリカの不動産パートナーと組んで、米国不動産投資の仲介業もしているファイナンシャル・プランナーの大田勉さんに、アメリカ不動産投資の現状やそのメリットを教えていただきます。

大田さん::実は、アメリカの不動産を使えば、年収1,800万円以上の社長、あるいは、これは特にドクターにめちゃめちゃ受けているのですね。数珠繋ぎに紹介が出ています。4000万円以上だと55%以上の時代が平成27年から突入している訳ですよね。所得税の税率です。で、そういった方々が4、500万から、額でいうと2億、3億までの節税をしたいという時のキラーコンテンツになります。そういったことで今、富裕層の方々と接点を持つという意味では、こういったセミナーをどこでやっているかというと、例えば高級車のブガッティを2億、3億のキャッシュで買う購入者の会だとか、今後はプライべートジェットのオーナーの方であるとか、高額所得者の方々に節税ができてなおかつ資産構築ができるという手法ですね。

-----------------------

大田さん:ただ、海外不動産でも色々な投資をされている方が増えているのですよ。特にアジアなどでも、プレビルドと言うのですけど、マンションを建てる前に契約して、でもその業者ごといなくなったとか、いろいろなトラブルも発生しています。で、そのトラブルの中でも一番押さえておいて欲しいのが、1、土地から全て自分の所有権が持てるのか。土地が全てその人の持ち物になるのかというと、アジア圏では日本とマレーシアだけですよ。だから中国の富裕層の方々が日本の山林を買ったり、日本の不動産投資をされるわけですよね。自分の持ち物になるということは重要です。当然アメリカも名義は個人が取得できます。

保険マーケティング大学校では、この講義動画のフルバージョンを視聴できます。もし興味がありましたら、下記より詳細をご確認下さい。

本校について

本大学校の設立の想いや入会までの流れ、入会後に学べることなど学校に関する情報をお知らせしています。

本校についてへ

インタビュー

本大学校の誕生には、多くの方から学び、気づき、驚き、悩み、そして共感した過去の出会いがあります。影響を受けた方々にインタビューをし、共有します。

インタビュー一覧へ

コンテンツ

保険マーケティングを学ぶうえで参考になるさまざまなコンテンツを紹介します。書籍、サービスeBookなど。会員以外の方もご利用いただけるコンテンツです。

コンテンツ一覧へ

無料コンテンツ

本大学校より無料提供しているコンテンツを紹介しています。ただし、期間限定や数量限定のものは予定数に到達次第終了する場合があります。

無料コンテンツ一覧へ

無料メールマガジン
登録

保険営業で成功する秘訣は「目の前に見込客を座らせる集客力」がすべてです。保険営業のマーケティング戦略において20年のコンサルティング実績をもつ花田校長が見込客の集客に役立つヒントを無料メールマガジンでお届けします。

メルマガ詳細へ