保険マーケティング大学校

動画コンテンツ

業界平均5倍の売上を誇る敏腕社労士が語る 社長が知りたい社会保険料適正化の真実とは

桐生 将人様プロフィール

株式会社サードクリエイション 代表取締役 社労士事務所サードクリエイション 代表社会保険労務士
税理士700名以上に資金繰りコンサルティングの研修を行ってきた経験と社会保険労務士としての人事労務知識を組み合わせた独自のノウハウを構築。
社労士業界平均の2倍以上の顧問契約報酬にも関わらず、その顧問料以上の利益を会社にもたらすことによって「モトをとってしまう」という唯一無二のコンセプトを掲げ、実際にノウハウを導入したすべての顧問先において、最低でも顧問料と同等、最大で顧問料の100倍超えの利益をもたらした。
小さな会社が売上をあげることなく、利益を増やし、収入を上昇させる独自のコンサルティングノウハウにより、社労士として独立開業1年半にして業界平均の4倍以上の年商を達成した。

講義のポイント

社労士として成功するコンサル力
  • お客様の要望を越える提案をするには?
  • 顧問料以上の利益を会社にもたらす「節税」
  • 社労士と保険代理店の共通点とは
写真

社労士と保険代理店は似ていると桐生さんは言いいます。

会社の御用聞きにとどまらず、潜在化したニーズを掘り起こして提案することで社労士の業界平均の4倍以上の年商を上げています。

小さな会社が売上をあげることなく、利益を増やし、収入を上昇させた独自のコンサルティングノウハウは保険営業にも通じるところがあります。

桐生さんのお話をぜひあなたの保険営業にお役立てください。

桐生さん:税理士さんに試算をしてもらったらしいんですよ。そうするとそこの会社の保険料が2600万と年間

花田:え、会社負担が?

桐生さん:会社負担が。年間2600万だという事で普段よく行き来していたライフプランナーの方。この方は一社専属の方なんですけども、「何とかならないか」と相談を受けて僕のところに助けを求めてきたと。

------------------------

桐生さん:法人税、節税というのがある意味ブームだったところがあるんですけども最近になってなんで社会保険料が注目される様になったのかというとおそらくなんですが、一つは法人税はだんだん下げていきましょうという国の流れがあるのと、ずっと節税節税だったので出尽くしてしまったた感があるんですね。

花田:対策がね。

桐生さん:そうですね。

------------------------

桐生さん:感覚としてはやはり節税する感覚で。売上げがどんなに高い経営者でも節税って興味があるとおもうんですよ。その感覚で社会保険料も減らせないかという話で。結果的にはその会社さんに関しては少なくても今の提案だけで毎年200万浮く事がわかったので僕は毎年100万くださいという話をして契約をする。

------------------------

桐生さん:浮いたお金で退職金制度を組み上げたらいかがですか?という話をするんですね。

花田:なるほどね。

桐生さん:そしたらみんな下がるけど退職金に一部積み立てるから退職金制度新しく作ります。と言ったら継続率が上がったりとか求人の時にアピールする材料になったりとかそんな事にも使えるんですよね。

花田:それで社会保険料負担料が社員さんが減るという事は会社も同じ分負担しているんでそれも減ると。

------------------------

桐生さん:僕は社会保険労務士というのは保険代理店の方とすごく似ている業種だなと思います。それはなんでかというとニーズが潜在化しているんですね。

保険マーケティング大学校では、この講義動画のフルバージョンを視聴できます。もしあなたが、マーケティングを継続的に学べる環境に興味がありましたら、下記よりご入会ください。

本校について

本大学校の設立の想いや入会までの流れ、入会後に学べることなど学校に関する情報をお知らせしています。

本校についてへ

インタビュー

本大学校の誕生には、多くの方から学び、気づき、驚き、悩み、そして共感した過去の出会いがあります。影響を受けた方々にインタビューをし、共有します。

インタビュー一覧へ

コンテンツ

保険マーケティングを学ぶうえで参考になるさまざまなコンテンツを紹介します。書籍、サービスeBookなど。会員以外の方もご利用いただけるコンテンツです。

コンテンツ一覧へ

無料コンテンツ

本大学校より無料提供しているコンテンツを紹介しています。ただし、期間限定や数量限定のものは予定数に到達次第終了する場合があります。

無料コンテンツ一覧へ

無料メールマガジン
登録

保険営業で成功する秘訣は「目の前に見込客を座らせる集客力」がすべてです。保険営業のマーケティング戦略において20年のコンサルティング実績をもつ花田校長が見込客の集客に役立つヒントを無料メールマガジンでお届けします。

メルマガ詳細へ