保険マーケティング大学校

動画コンテンツ

社長のアプローチトークの十八番を作る

講義のポイント

元トップ保険営業マンが教える社長攻略法
  • 社長に好かれる人、社長に嫌われる人
  • 社長との話が必ず弾むアプローチトーク
  • 戦略的な税と財務の対策とは

法人保険の開拓には、組織のトップである社長を攻略するのが一番の近道ではないでしょうか。

社長とスムーズに商談を進めるためには、社長のベネフィットに合わせて話をすることがとても重要です。

元トップ保険営業マンの花田が、実際に自分でやって成功した税理士事務所と組んで法人保険を開拓し続けた方法を具体的事例を交えてお伝えします。

もし、法人開拓をしているけどなかなか上手くいかないという保険営業パーソンがいたならば、それは社長と話すべきことを間違えているのかもしれません。

これから法人保険を開拓したい、法人保険を始めたばっかりだ、1,2件契約を取ったけど、その後、さっぱり法人契約が取れないという保険営業パーソンのために、元ソニー生命のトップ保険営業マンの花田敬が、社長と初めて名刺交換をしてから商談までのアプロ―チ法を具体的にベビーステップでお話します。

異業種交流会などで話すのは①ですよね。ちょっと仲良くなって話すのが②です。保険の商談に入ったら③です。 販売のトークしか勉強していない人は③のトークしか知らないはずです。ここになかなか持っていけない。

でも、この社長の紹介力が強かったり、他の交流会とかでしょっちゅう会っていれば、①②をスコーンと飛ばして③にいきなり来ますけどね。この段階を大事にするということです。こちらはどちらかといえばマーケティングに近いです。

どういうふうにするかというと商談前トークは、社長のベネフィットに合わせるということです。社長の興味に合わせる。保険はNGワードです。昨日、ドクターブレインプロジェクトの研究会に開業医の先生が来ていました。どういう保険営業マンが嫌いですかという質問に、「いきなり保険の話をする人」とはっきり断言しました。

------------------------

それから商談の直前。ここですね。会社の概要とか販売網とかどういう人がお客さんになるのかを聞くと、1時間くらい社長は話してくれます。次は経営について話をしていくわけです。それって社長、販売のマーケットを広げていったり、販売網とかどういう商品をどうやって売っているかは分かるのですが、経営についてはどうですか。

で、商談中のトークは、戦略的な税の対策と財務の対策。ここですよね、この2つ。

保険マーケティング大学校では、この講義動画のフルバージョンを視聴できます。もしあなたが、マーケティングを継続的に学べる環境に興味がありましたら、下記よりご入会ください。

本校について

本大学校の設立の想いや入会までの流れ、入会後に学べることなど学校に関する情報をお知らせしています。

本校についてへ

インタビュー

本大学校の誕生には、多くの方から学び、気づき、驚き、悩み、そして共感した過去の出会いがあります。影響を受けた方々にインタビューをし、共有します。

インタビュー一覧へ

コンテンツ

保険マーケティングを学ぶうえで参考になるさまざまなコンテンツを紹介します。書籍、サービスeBookなど。会員以外の方もご利用いただけるコンテンツです。

コンテンツ一覧へ

無料コンテンツ

本大学校より無料提供しているコンテンツを紹介しています。ただし、期間限定や数量限定のものは予定数に到達次第終了する場合があります。

無料コンテンツ一覧へ

無料メールマガジン
登録

保険営業で成功する秘訣は「目の前に見込客を座らせる集客力」がすべてです。保険営業のマーケティング戦略において20年のコンサルティング実績をもつ花田校長が見込客の集客に役立つヒントを無料メールマガジンでお届けします。

メルマガ詳細へ