保険マーケティング大学校

動画コンテンツ

ドクターから紹介入手する「セミナーのやり方」

講義のポイント

ドクターから紹介入手する保険営業
  • セミナー講師とセミナー営業の決定的な違いとは
  • ドクターと同等の権威を身に着ける方法
  • 「セミナーをして欲しい。」と相手から言わせるには

元保険のトップセールスマンの花田は、セミナー営業をやることで驚異的な数字を残してきました。そう聞くと、あなたは「ああ、セミナー講師をしたのですね。」と思われるかもしれません。ところが、セミナーの講師をすることと「セミナー営業」は大きく異なります。セミナー講師をして、その参加者が保険契約をすることもありますが、セミナー営業の本当の目的はそこではないのです。

なぜ、ただのセミナー講師で終わらず、セミナー営業を成功させることができたのか。
現在は大学で営業を教えている花田が保険営業で成功した秘訣をお話します。

セミナーをやりますというのはPR、広告宣伝です。自分の友人知人に「セミナーをやりますよ、〇月〇日にやりますよ。来てくださいね。」これはPRです。〇月〇日にセミナーをやりました。これは社会的証明です。証拠、実績なのです。全然違いますから。自分の知人友人にやるには後者をやらないと。全然違いますから。

----------------

お医者さんは先生ですから。税理士も先生でしょう。セミナー講師をやると他の人から先生と呼ばれるようになるわけですよね。そこが大事なのであって、セミナーで集めた人に対して保険の契約をするというのはプラスアルファだと思った方がいいですよ。自分がやっていることの事実をいかにブランドとして使うか。権威付けさせるか。これが大事だということです。

----------------

まず社長や税理士さんやお医者さんに断られない、門前払いされないには、保険で行かずに相手のベネフィットで喋るということです。売上、人、人材。これで相手のことをリサーチして喋るわけです。当然ホームページは見ていかないといけない。ホームページの中には色々なことが隠れているのですけど、世の中の人が企業のホームページのどこを見ているかというと会社案内なのです。圧倒的です。どんな業務をやっているのか。相手のこと、相手の業務が分かる。分かった上で質問すると、コイツ、うちのホームページ見てきたな、みたいなのあるじゃないですか。それで質問をする。会って質問をしてコミュニケーションを取るまでは、保険の話はない訳ですよね。会うのと仲良くなるところでは保険の話はない。

保険マーケティング大学校では、この講義動画のフルバージョンを視聴できます。もしあなたが、マーケティングを継続的に学べる環境に興味がありましたら、下記よりご入会ください。

本校について

本大学校の設立の想いや入会までの流れ、入会後に学べることなど学校に関する情報をお知らせしています。

本校についてへ

インタビュー

本大学校の誕生には、多くの方から学び、気づき、驚き、悩み、そして共感した過去の出会いがあります。影響を受けた方々にインタビューをし、共有します。

インタビュー一覧へ

コンテンツ

保険マーケティングを学ぶうえで参考になるさまざまなコンテンツを紹介します。書籍、サービスeBookなど。会員以外の方もご利用いただけるコンテンツです。

コンテンツ一覧へ

無料コンテンツ

本大学校より無料提供しているコンテンツを紹介しています。ただし、期間限定や数量限定のものは予定数に到達次第終了する場合があります。

無料コンテンツ一覧へ

無料メールマガジン
登録

保険営業で成功する秘訣は「目の前に見込客を座らせる集客力」がすべてです。保険営業のマーケティング戦略において20年のコンサルティング実績をもつ花田校長が見込客の集客に役立つヒントを無料メールマガジンでお届けします。

メルマガ詳細へ