保険マーケティング大学校

動画コンテンツ

『社長の本音を知る。 保険に加入したいと思う保険営業マンの条件とは?』

講義のポイント

社長からみた保険営業
  • 社長から保険営業マンはどう見えているか
  • 契約したい人、契約したくない人
  • 社長が聞きたい保険営業マンの話とは

生命保険の営業マンにはほとんど会いません。来られても居留守を使います。そう言い切る社長は多いのではないでしょうか。

しかし、どんな会社でも法人や社長個人の保険契約は何かしらしているものです。では社長はどんな保険営業マンから保険に加入しているのでしょうか。

社長が実際に保険契約をした保険営業マンはどのような人なのか、なぜその人に保険契約をしてもらいたいと思ったのか、現役社長へのインタビューを通じて保険営業マンが保険契約をいただくために最も大切なことは何かに迫ります。

宛木:保険って言われたら大体出ないことになっているので。

花田:出ないことになってるんだ(笑)

宛木:出ないことになってる(笑)

花田:生命保険の営業はそういうイメージがあると。

宛木:はい。

花田:逆に、気に入ってるとか、生命保険営業マンの中でもよく喋るというか、会話するって言うのはどういう方?

宛木:えーとですね。まぁ、保険営業マンって分かってるんだけども別の形である会合で知り合ったり、一緒になんかのイベントをやったり

------------------------------

花田:どのくらいの比率なんですか?

宛木:えっと、個人の方を1とすると大体うちなんかは小さいんであれですけど5倍くらいが会社。

花田:やっぱり自分の財布の中から出すのと法人で払うのは全然違いますよね。

宛木:そうですね。やっぱ、法人の方が金額投資も大きくしていますから、会社に私がいなくなった時に会社は何年、どれくらいその間に必要だという予算を出せますから。それに合う保険に入らないといけないと。入る時期によって当然値段も違いますけど、そんな形でやります。当然金額は大きくなる。

花田:それに伴ってビジネスに対してどうしても保険をかけなきゃいけない。損害保険系の物とかありますよね、新規ビジネスにそれを付けとかなきゃいけないとちゃんと取引が出来ないから。

宛木:はい、出来ないから。

花田:そうなると保険っていうのはちょっとは社長の頭の中には浮かんでくるんで、その時「こいつなら相談してもいいな」って事で相談するような感じですか?

宛木:そうですね。やはり信頼出来てる、ある程度の関係が出来てると「あっ、ちょっと申し訳ないけれど、こんな話があるんだけどどうだろうか」とか「ちょっと手間かけるかもだけどこんなのどうですか」とかみたいな話はしますよね。

花田:なるほど。

------------------------------

花田:僕らから見ると保険営業マンは勉強熱心だし、いろいろ知ってる。それが社長にとって役に立つんだというんだけど、保険営業マンって自分たちが知ってる情報って、社長だって知ってるでしょって思ってるんですよ。

保険マーケティング大学校では、この講義動画のフルバージョンを視聴できます。もしあなたが、マーケティングを継続的に学べる環境に興味がありましたら、下記よりご入会ください。

本校について

本大学校の設立の想いや入会までの流れ、入会後に学べることなど学校に関する情報をお知らせしています。

本校についてへ

インタビュー

本大学校の誕生には、多くの方から学び、気づき、驚き、悩み、そして共感した過去の出会いがあります。影響を受けた方々にインタビューをし、共有します。

インタビュー一覧へ

コンテンツ

保険マーケティングを学ぶうえで参考になるさまざまなコンテンツを紹介します。書籍、サービスeBookなど。会員以外の方もご利用いただけるコンテンツです。

コンテンツ一覧へ

無料コンテンツ

本大学校より無料提供しているコンテンツを紹介しています。ただし、期間限定や数量限定のものは予定数に到達次第終了する場合があります。

無料コンテンツ一覧へ

無料メールマガジン
登録

保険営業で成功する秘訣は「目の前に見込客を座らせる集客力」がすべてです。保険営業のマーケティング戦略において20年のコンサルティング実績をもつ花田校長が見込客の集客に役立つヒントを無料メールマガジンでお届けします。

メルマガ詳細へ